3月04日(木) | 日本自然環境専門学校1F

新潟トークベース ♯17 ~みんな、無意識に我慢してない?~

新潟トークベースは 人の物語りに耳を傾け、自分の言葉で対話し、多様な価値観に触れ、人としての成長を支援する場です。 ゲストスピーカーの物語りに耳を傾け、今まさに抱えているその人の「問い」を共有しながら、参加者全員で「対話」の時間を深めていきましょう。 そんなトークベースに遊びにきてみませんか?
お申し込みの受付は終了しました。ご参加の方は、お時間にあわせて来場お待ちしております。
新潟トークベース ♯17 ~みんな、無意識に我慢してない?~

日時・場所

2021年3月04日 19:00 – 20:45
日本自然環境専門学校1F, 日本、〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1丁目3−22

イベントについて

新潟トークベースは

人の物語りに耳を傾け、自分の言葉で対話し、多様な価値観に触れ、人としての成長を支援する場です。

人として成長し、確かな自分軸を持ち、自ら自分の人生の舵を握ることで、日常の暮らしの中で「しあわせ」を感じることができる人が増えると信じています。

====================================

【今回のスピーカーについて】

今回のゲストスピーカーは

ゆめのき学園代表の羽賀まきこさんです

羽賀さんは

多胎支援。学童保育。子育てママが楽しく子育てできるおやこ園。小学生のこどもたちが生き生きできる空間、イロトリドリという居場所を運営されています。

こんな学校があったら!!という様な、学びと遊びに垣根のない、探究心をどんどん伸ばせる、そんな場所を広げるために活動されています。

そんな羽賀さんとお話ししていると

羽賀さんの中で生まれてきたものを大切にお話されるので、話はどんどんテーマから離れ広がっていきます。

「自分の感性に正直に生きている」と言う印象を、お話していると受けました。

そんな羽賀さんも、2、3年前まではそうではなかったと聞いて驚きました。

羽賀さんは4人兄弟の二女で生まれ、母は手作りのパンを焼いてくれたり、手のこんだお料理を作ってくれたり、外から見たら恵まれている家庭のように見えていたようです。

でも実際は、他の家庭がうらやましかったと羽賀さんはお話しされます。

姉と母の結びつきが強く

母にストレートに甘えることが難しく、幼い頃から親の顔色をうかがうことが多かったようです。

そんな中、小学校にあがると、とても素敵な先生と出会うことになります。

漢字を覚えることが苦手な自分は、親からしたら姉よりも漢字が書けない妹。でもその先生にとっては、新しい漢字を生み出す天才!!でした。あなたはいるだけでOKだよ!と、全てを受け入れてくれる、そんな器の大きな先生でした。

その先生のおかげで今までよりも気が楽になり、はじめて自分は自分でいていいと思えるようになりました。

中学、高校と、進学するにつれ

周りの目を気にして、普通でいようとする自分や、人にどう見られているのかを気にする自分が少しずつ形作られていきました。

就職してからも回りから評価してもらうことで、自分も周りの期待に応えようとしたし、それが自分にとって喜びでもありました。

変化があったのは

子どもが生まれてから。

子どもと触れ合う機会が多かったで、子育ては問題ないだろうと回りからも思われていたのに、子育てがうまくいかず、とても苦しい時期でした。

あるきっかけで、子どもは子どものままで、そのままでいいんだ。と思えるようになり気が楽になりました。

その頃から自分自身としっかりと向き合うことを意識しはじめました。

そうすると、いかに自分が人の期待に応えようとしていたのか!?

そして、その期待に応えることにより自分の居場所を確保しようとしてきた!ということに気づかされました。

自分の〇〇すべきを、一枚一枚はずしていったときに

いろんなことの、そもそも論が気になっていきました。

周りのみんなって、私から見たらすごいしっかりしているように見えるけど

無理してないのかな?

本当にやりたいことやっているのかな??

そんなことが気になってきました。

そんな羽賀さんの今回のテーマは

「みんな、無意識に我慢してない?」です。

役割の中で、~~すべき。ということが大切なのではなく。

自分が本当にやりたいことは何なのか?

自分のウォントに気づくことが一番大事。と話します。

でも、そこに確かに「本当に自分がやりたいこと」はあるはずなのに

見えなくなってしまっていることがあります。

私たちには無意識レベルで刷り込まれているアクションがあり

いつのまにか、気づかないけど我慢していることがあるのではないか?

そんなところを当日は皆さんと共に

「みんな、無意識に我慢してない?」

という問いを元に、対話を深めていけるのを楽しみにしています。

=========================

■どんな場なの??

毎回異なるゲストスピーカーをお招きし

スピーカーの物語りに耳を傾け、今まさに抱えているスピーカーの問いを起点に、参加者全員で対話の時間を深めていきます。

何か知識が得られて、翌日から仕事で使えるようなテクニックが身につくような場ではなく、スピーカーの生の声を起点に、互いの価値観にふれあい、自分なりの新たな気づきや、多様な価値観を受け入れる器ができる=人として成長できる場です。

■こんなことを大切にしています。

・スピーカーの物語りの追体験

スピーカーからのトークは、その人がやっている、やってきた出来事を追うのではなく、悩みや迷い、弱さや強さ、怒りや喜び、希望なども含めた、その人そのものに触れる時間を提供します。

・対話のベースとなる安心の場

はじめての場所やはじめての人と出会うことは緊張感がつきまとい、なかなか本音で話すことが難しいものです。ファシリテーターが場をホールドすることで、初めてでも安心して参加できる場を提供します。

・対話の時間

職業や肩書、年齢や性別などにこだわらず、先入観や固定観念を取り払い、自分の本心にある言葉を交わし合うこと(対話)を大切にしています。

それは、「会話」や「議論」ではなく、「正解」や「答え」でもない、自分なりの「気づき」や「成長」を大切にした時間です。

■こんな人におすすめ

・人と対話することで多様な価値観に触れ、自分の成長を促したいと思っている人

・忙しすぎる毎日の中で、たまに立ち止まりチューニングをしたいと思っている人

・新しいつながりが欲しいと思っている人

・新しい視点、新しい興味分野を広げたいと思っている人

=============================

ご都合の合う方とお会いできることを楽しみにしています。

テーマが深そうに見えるので、固そうな雰囲気を感じるかもしれませんが

初めての方もぜひ気軽に遊びに来てください。

参加しやすい雰囲気が作れるように努力しています。

【当日スケジュール】

19:00~ オリエンテーション・チェックイン

19:15~ スピーカートーク

19:45~ 小グループで対話

20:10~ 全体でのシェア・スピーカーからの感想

20:40~ お知らせ

20:45~ 1部終了:時間に余裕がある人は残ってチェックアウトしましょう。

21:00~ 2部終了:ここから雑談タイム

21:30  完全終了

【開催概要】

▼日時:2021年3月4日(木)19:00~20:45

▼場所:日本自然環境専門学校1F(新潟市中央区花園1-3-22)

※コロナの状況によってはオンライン(Zoom)にて開催。

▼料金:1,000円

▼定員:15名程度

▼対象者:だれでも参加OK!

▼準備物:とくになし

▼コロナ対応

・当日はマスク着用、アルコールでの手指の除菌、定期的な換気を実施します。各自でマスクはご用意ください。

・当日の検温により37.5度を超える場合や、体調がすぐれない場合は参加を見合わせてください。

・可能な限りのソーシャルディスタンスへのご協力をお願いいたします

▼「参加してみたいけど、はじめての場は緊張するし迷うな~」という方へ はじめての方のみが対象ですが、zoomを使って当日の会場の様子や進め方などをオンラインでご覧いただくことができます(無料)。実際の場に来る前に「雰囲気」を確認していただくことが目的です。スピーカーの声や対話の声がよく聞こえないなどのことがありますがご了承ください(イヤホンをご用意いただいた方が聞き取りやすいです)。また対話に参加することはできません。ご希望の方は以下のアドレスまで、「新潟トークベースzoom視聴希望」のタイトルでメールをお送りください。折り返し当日のzoomのアドレスをご連絡いたします。 →✉:info-n@wens.gr.jp

▼主催:つなラボ

チケット詳細
価格
数量
合計
  • 1000円の参加チケット
    ¥1,000
    ¥1,000
    Sold Out
このイベントは完売です

このイベントをシェア